教えルン

【ストアカ公式】地域コーディネーター ブログ

教えルン

【ストアカ公式】地域コーディネーター ブログ

ニーズのある"まなび"を提供しよう!

https://images.pexels.com/photos/301926/pexels-photo-301926.jpeg?w=940&h=650&auto=compress&cs=tinysrgb


「教室をせっかく開催したのに、なかなか人が集まらない..」
「生徒のリアクションが思ったより、良くない...」と悩んでいらっしゃる先生方、
本当に”ニーズのある学び"を提供していますか?

是非一度立ち返って考えてみましょう。

今日は"ニーズのある学びの3つの条件"をシェア♪

1)学ぶニーズと理由が存在する 教える内容がニーズがあるものか、生徒視点で考えてみましょう。
また、生徒さんは何のためにそれを学ぶのか考えてみてください。
例えばプレゼンの講座だと、仕事のスキルアップで学びにくる方が多いでしょう。
また、塗り絵の講座だと新しい趣味に出会いたい方がいらっしゃるかもしれませんね。
生徒さんが求めている内容なのか、客観的に見つめてみましょう!

2)対面で教わる意義がある ほとんどのことはネットで検索すればわかる時代です。
わざわざ学びに来る意義を作りましょう。
例えば、生徒さん同士でフィードバックする時間や、実際に体験してみる時間など、
対面だから得られる学びや経験を考えてみましょう!

3)自分が教える意義がある なぜ自分が教えるのか、自分の差別化ポイントを考えてみましょう!
人とは違った自分ならではの経験や、「人を楽しませることができる!」等のパーソナリティーなど、
自分のユニークな強みって誰でも持っているものです。
何が強みかわからない場合はまわりの人に尋ねてみましょう!