教えルン

国内最大級スキルシェアサービス「ストアカ」地域コーディネーター公式ブログ

教えルン

国内最大級スキルシェアサービス「ストアカ」地域コーディネーター公式ブログ

【関西】筆文字でキモチを伝える喜びを☆(新藤 里恵先生)

皆さん、こんにちは★
ストアカ関西コーディネーターの味岡です!

本日は筆文字新藤 里恵(さとえ)先生にインタビュー!


教室ページはこちら!
www.street-academy.com

新藤 里恵 プロフィール

筆ペン1本でキモチを伝える代筆屋さとちゃん

◆2時間で誰でも描ける筆文字レッスン開催中

字の上手い下手関係なく、書き順・書き方にこだわらず
自由に筆ペン一本で自分の心を相手に伝える筆文字
絵を描くように楽しむ書です。

筆文字を通して「私は私でいい」
「自分も他の人も喜ばせる存在なんだ」
という「大切な自分づくり」のお手伝いをします。

転勤族、三兄弟(8歳+5歳双子)母

 

2013年
双子出産時の2ヶ月の管理入院中にベットの上で病院勤務の皆様、同室のお母さん方へ感謝の筆文字を贈り、喜んでもらえたことがきっかけで筆文字智書(さとりしょ)を本格的に学び師範に

2016年
福岡県北九州にて筆文字レッスン開催
延べ300名受講、作品展402名様来場

2017年
神戸へ転勤、9月より西宮にてレッスン開催

2018年
4月より三宮レッスン開催

 

◆依頼講座 実績

ソニー生命様「お名前ポエム」依頼(621件)
そごう神戸 様
高砂市立図書館 様
市民センター、企業研修他多数

 

◆メディア

季刊マガジンChiffon連載
毎日新聞北九州版 他

インタビュー


Q:教え始めたきっかけを教えて下さい。
第一子が生まれた頃に、気分転換に筆文字教室に通っていました。
ただ、子どもの成長と共に慌ただしく過ごしている中、一旦筆文字からは離れていました。
それから双子(第二子、第三子)妊娠中の2カ月の管理入院ので、「ベットの上で誰かの役に立てることはないかな」と思っていた時、筆文字を思い出し、入院中お世話になった方へ御礼のハガキを描きました。するととても喜ばれ「気持ちを伝えることで自分も他の人も笑顔になる」と思い、再スタートしました。
学びを深めていく中で筆文字教室に再度通い出し、そこからその教室を先生から譲り受ける形で、筆文字の先生デビューを果たしま
した。
ストアカは神戸に引っ越してきた2年前から講座を広めていく手段を探していた時に出会い、活用しています。

Q:筆文字を学ぶ魅力は何ですか?
講座では”さとり書”を学びます。
筆ペンを使って書く筆文字で、うまい下手は関係なく、何でもありな自由な表現方法です。
人と比べず自由に伝えたいことを書く”を大切にしています。
忙しない日常生活の中で、一息して立ち止まれる場所になれればと思っています。
白い紙に黒い墨をただただ書く、マインドフルネスの一つとしても楽しむことができると思っています。

Q:生徒さんはどういう方が来られますか?
趣味を持ちたいという方、”伝えたいこと”を持っているが来られます。
最初は単発で来られる方がほとんどですが、伝えることの喜びを知って、継続して来られるリピーターさんも増えています。書けば書くほど、発見があり、さとり書を通して自分の個性に気づかれる方もいらっしゃいます。

Q:教えていて印象に残ったエピソードを教えてください。
ある生徒さんはお友達が退職するタイミングでお渡しする言葉を書きたくて、来られました。「あなたにあえてよかった」など100本ノック並でお友達に送る言葉を書き続けていらっしゃいました。それから、心を込めて書いた作品をお渡ししたところ、お友達が泣いて喜ばれたそうです。この報告を頂き、私もとても嬉しく感じました。

Q:教える上で大切にしている考え等はありますか?
お手本があるので書き方についてはお伝えしますが、それと同時に”正解はない”と伝えます。お手本は選択肢の一つであり新しい考え方やり方を知るものです。言われたことをただやるのではなく、自分でどうしたらいいか模索しながら、自分でやりたいことを作っていくことを楽しんでほしいと思っています。自分の”好き”は何だろうと考え、向き合っていく時間になれればと思っています。 

Q:生徒さんとコミュニケーションで大切にしていることはありますか?
2時間一緒に過ごすので、まずは生徒さん同士で打ち解けてもらおうと、自己紹介タイムを作っています。お名前と”最近あった嬉しかったこと”など、プラスのことを思い出してもらうようにしています。
お話すると皆さん打ち解けて仲良くなれるようで、講座終了後も「一緒にランチに行った!」など報告もあります。

Q:講座ページを作成する上で工夫していることはありますか?
他の先生の講座もたくさん見て研究しました。
“こういうことしますよ”、”お子さん連れもオッケー”、”スケジュールについて”等、
具体的に講座のイメージがわくように書くことを心がけています。少しでも不安を取り除けるよう、丁寧に書いています。
写真は、1枚目はアート的な写真、2枚目は行ったらこんな風にできるんだと思える写真、3枚目は教室の雰囲気が伝わる写真を入れています。
また神戸で講座に参加したいと来られた生徒さんは「筆文字、神戸」と検索したと言っていたので、場所名をタイトルに入れるようにしています。

Q:これからやってみたい講座はありますか?
イラストも書いているのでイラストも組み合わせた講座もやっていきたいと思っています。

Q:夢や目標はありますか?
“人はいつからでも始めることができる”ということを活動を通して、伝えていきたいですね。
私は30後半から筆文字を真剣に学び始め、先生デビューしました。
「毎月楽しみです!」「人生変わりました!」など言ってくれる生徒さんにも出会うことができました。
また、自分の気持ちを伝えると、相手も喜びますが、何より自分自身が喜びます。
講座を通して、伝えることを楽しむ文化をもっと広めていきたいです。

Q:最後にこれから講座を始めようと思っている方にメッセージをお願いします!
やってみることで、わかることもたくさんあります。
そしてやり始めると周囲の方から必ず応援されます。
まずは気負うのではなく、一歩を踏み出してみてください!


これからも様々な関西の先生方を取り上げていきたいと思います^^
次回をお楽しみに♩

 

新藤里恵先生の講座のご予約はこちらから

www.street-academy.com