教えルン

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」 地域コーディネーター公式ブログ

教えルン

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」地域コーディネーター公式ブログ

【関西】「生きていく力を養う仕組みづくり」を目指して(Webライティング講座 オオニシヨウコ先生)

皆さん、こんにちは★
ストアカ関西コーディネーターの味岡です!

本日はWebライティング講座のオオニシ ヨウコ先生にインタビュー!


📄教室ページはこちら!

https://www.street-academy.com/steachers/72041



----------------------------------------

ライティング力×あなたの強みがビジネスを成功させる

株式会社ワーククリエーション 代表取締役

(ライティングビジネスコーチ・WEB戦略コンサルタント)

 

▼2015年に法人会社を設立。

WEBサイト記事のディレクション・執筆・校正を行うコンテンツマーケティング会社を設立。

 

ライティング事業とWEBライター育成事業を立ち上げて、自宅でパソコンを使って仕事ができるリモートワークの仕組みをつくりあげる。

 

▼現在

★「一生モノの技術が手に入る」“ライティングビジネスアカデミー”を開校。

★本気でプロを目指すWEBライターを養成中。

★ライティング技術だけではなく、ライティングビジネスアカデミーでしか学ぶことができない「月収50万円を突破する!安定的に仕事を獲得する方法」をレクチャーしている。
----------------------------------------

 



「生きていく力を養う仕組みづくり」を目指して〜Webライターの魅力とは〜


Q:教え始めたきっかけを教えて下さい。
私は、シングルマザーです。一家の大黒柱として会社勤めをしていた時から、”女性が子どもを育てながら働き続ける難しさ”を感じていました。起業のきっかけは、「女性がより自分らしく働き続ける仕組みをつくりたい」という想いからでした。
起業直後、今後の事業について模索していた時、知人から「文章が書ける人はいないか」と相談を受けたことがきっかけでした。その時初めて、「ライティングスキルはビジネスになるんだ」と気付き、ライティング経験はゼロでしたが、事業用のホームページをつくり、先ずはWeb上でクライアントを獲得。その後で、ライティングについて学び始めました。当時は、私自身が「Webライターになりたい」と思ったわけではなく、「【手に職がつけられる事業】【技術提供ができる事業】を、スタートさせたい!」という、一風変わった想いから始まったのです。当時はSEOの知識もなかったのですが、以前よりホームページを作ることが好きだったため、その延長線上として身に付けることができました。それから、人に教えるために自分の経験とノウハウを整理して、「ライティングを教える活動」をスタートしました。

Q:Webライターの魅力は何ですか?
働き方や収入を自分で調整できることです。たとえば、子育て中の女性の場合、子どもを寝かせてから仕事をしたり、子どもが成長して手が離れたら、今度は今まで以上に仕事量を増やしたりなど、生活ペースに合わせて調整できます。また、男女にかかわらず、ライティング技術を持っていることで、「キャリアプランが立てやすい」ことも魅力のひとつです。
ライティングの仕事を通して、自分がこれまで知らなかったことに出会うことができます。視野を広げて働くことができるのはとても素晴らしいことだと思います。



生徒さんのゴールに沿った講座作りを心がけて

Q:生徒さんはどういう方が来られますか?
年齢は20代〜60代までの男女と、幅広いです。
冒頭でお伝えしたように、事業を立ち上げる切っ掛けは女性支援でしたが、今では男性の生徒さんの方が多いほどです。その中で、Webライターについて初めて学ぶ方もいらっしゃれば、単発のライティングの仕事に挑戦してみた経験がある方もいます。20代・30代は「フリーランスという働き方」を目指し、40代・50代〜の生徒さんは「将来設計や定年後のキャリア」としてWebライターを考えている方が大半です。皆さん、Webライターとして収入を得たいと思っている方がほとんどなので、真剣度はかなり高いです。


Q:教えていて印象に残ったエピソードを教えてください。

ある20代の生徒さんは、「フリーランスという働き方に憧れを持って」講座に来られました。その方は、会社を退職して独立するか悩んでいたので、私から「まずは、副業でWebライターを始めて、会社を辞めるのはその後で考えるのはどうか」とアドバイスをしました。しかし、その生徒さんは講座一週間後には決意を固めて、会社を辞めて、フリーランスに転向されました。即座に行動されていて驚いたと同時に、その決断力にとても感動しました。

また60代の生徒さんは、長年のキャリアや経験を踏まえた上で、Webライティングで仕事をするということが人生の集大成の一つとして捉えられています。私自身も生徒さんとお話しすることでいつも学ばせていただいております。

Q:教える上で大切にしている考え等はありますか?

「手に職を付ける」という意味でも、技術の取得はとても大事ですが、「仕事が継続できるかは別物」というお話しをしています。
生徒さんには、技術を身につけて、その上で「安定的に仕事を獲得できる力や方法」を身につけていただけるように講座では心がけています。

また、執筆を行う前の「文章構成」がつくれるか否かで、ライターとしての伸びしろが変わってきます。現場で通用する技術を確実に習得していただけるのが、当アカデミーの特徴です。
トレーニングを行う時は、他の講座やスクールと比べて「厳しい」と感じられる方が多いかもしれません。ただお世辞を言っておだてながらやっていくのではなく、真剣勝負の中で、楽しく学んでいただきたいと思っています。
生徒さん一人ひとりの望む未来やゴールを伺いながら、その想いを達成できるサポートを当アカデミーでは全力で行っています。

Q:生徒さんとコミュニケーションで大切にしていることはありますか?

会話を大切にしています。日常生活についてや、今後の目標など深く話を聞くようにしています。生徒さんが今後どうなっていきたいのかを聞いた上で、パーソナイズしたサポートができるよう努めています。講座を卒業したらゴールではなく、そこがスタート地点です。進路の間口をもっと広げていきたいと思っているので、当社のクライアントさんへの紹介制度(仕事紹介)も行っています。また、さらに卒業後の進路を拡大するために、(ライティング以外にもサイトの構築なども含めて)必要としてくれている人に技術提供を行う「マッチング事業」を考えています。受講生さんや卒業生さんの実績づくりを、強化していくことが目的です。

 

 

目指すべき進路に向けて鍛え上げる”道場”のような学び場


Q:教えることの目標は何ですか?

職業訓練の場所として”道場”のように使って欲しいと思っています。
以前の講座は、単発で教えていましたが、今は長期コースの講座もあるため、卒業後の進路まで決められるように、しっかり鍛えられる場所にしたいですね。また、受講生と一緒にさらに良いアカデミーを構築していきたいと思っています。


Q:最後にこれから講座を始めようと思っている方にメッセージをお願いします!
最初に100点を取る必要はありません。行動してしまえば、そこから今後どうすべきか見えてくると思います。
私自身も最初は、「講座で使うプレゼンテーションの資料づくり」を意識していました。しかし、資料を完璧に作ってしまうと、その通りにしか話せなくなってしまうんですよね。それでは柔軟性がなくなってしまい、おもしろみが薄くなってしまうことにも気づきました。一番大切なことは、生徒さんが講座を楽しんで学べるかどうかです。生徒さんとのその空間を大切に、講座をフレキシブルに進行することも重要です。生徒さんの笑顔をみるとそれを励みに、さらに良い講座へと進化できると思います。


オオニシ先生、素敵なお話ありがとうございました!

これからも様々な関西の先生方を取り上げていきたいと思います^^

次回をお楽しみに♩