教えルン

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」 地域コーディネーター公式ブログ

教えルン

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」公式ブログ

効果的な画像にするためのポイント【第7回SEO講座】

f:id:Oshierun:20200417100037p:plain

このSEO講座では、先生方がストアカ内で使用する講座の画像について解説していきます。

第7回のSEO講座は、「効果的な画像にするためのポイント」です。

 

効果的な画像にするためのポイント

第4回から第6回までを参考にタイトルや文章を作ったら、きっと素敵な講座ページが出来上がったのではないでしょうか。

講座タイトルを魅力的に見せるポイント8選【第4回SEO講座】

生徒を集め、予約につなげる講座本文の書き方【第5回SEO講座】

生徒を集め、予約につなげる講座本文の書き方【第5回SEO講座】

 

さて、仕上げとして画像を挿入しましょう。

画像(写真)は、今まで作った文章の装飾をするものです。

 

文章との関連性をもたせることによって、ユーザーの利便性が高まり、検索エンジンに評価されやすくなります

 

画像(写真)にもタイトルに近い文章を加えたり、タイトルに近い画像(写真)を使ったりして、どんな講座かを分かるようにしましょう

 

画像でオリジナリティを出そう

ストアカ内で、一枚目の画像は、様々な箇所で紹介されているので、とても重要です。

画像で目を惹くようなオリジナリティ溢れる画像(写真)を使うことによって、あなたの講座を見てくれる可能性が増えます

 

(例)

f:id:Oshierun:20200415111558p:plain

この例では、オリジナルで画像を作り込んでいるので、他の人と差別化されています。

このようにオリジナルの画像を作ることによって、ユーザーの印象に残りやすくなり、予約に結びつけられるようになるはずです。

 

オリジナル画像が用意できない場合は、無料画像を使ってオリジナリティを出そう

ご自身で写真や画像が用意できなかったり難しい加工ができない場合は、無料で配布されているような写真を使って、タイトルや訴求ポイントを画像の中に入れましょう。

(例)良い例

f:id:Oshierun:20200415111708p:plain

この例では、無料写真の上に訴求ポイントになる文章を入れたものです

こちらであれば、パワーポイントなどのソフトで作ることが可能だと思います。

一方で、画像(写真)の上に何も入れないと、同じ画像(写真)が他サイト・他講座で使われていることがあるため、効果的とは言えません。

まったく違う講座なのに、同じ画像(写真)を使っていた時、ユーザーは同じ講座と勘違いしてしまい、あなたの講座の魅力が伝わりにくくなるので、無料画像(写真)を使う場合は、必ずタイトルや訴求ポイントを入れるようにしましょう。

 

 

3枚の画像を用意しよう

1枚めの画像を用意したら、2枚めと3枚めも用意しましょう。

2枚めと3枚めには、講座の様子が分かる写真を用意したり、実際の成果物などを載せて、講座の雰囲気が伝わる画像(写真)を用意すると、ユーザーが予約しやすくなります。

詳しくは、以下の記事に掲載されてるので、参考にしてみてくださいね。

oshierun.street-academy.com

 

 

いかがだったでしょうか?

 

画像(写真)は、いつでも修正することができるので、試行錯誤を繰り返して、効果的な画像に仕上げてみてくださいね。

 

まとめ 

  1. 画像(写真)と文章の関連性をもたせて、画像にもタイトルを加えよう
  2. オリジナリティのある画像(写真)を使おう
  3. オリジナル画像が用意できない場合は、無料画像を使ってオリジナリティを出そう
  4. 3枚の画像(写真)を用意しよう。2枚めと3枚めは講座の雰囲気が分かるものを選定しよう